akiraの個人ブログ

akiの個人ブログです。読んだ本の感想、めんたねでやってる心理学、カウンセリング、催眠の事とか、他にも旅行、外食、買ってよかったもの、ラノベ、アニメなど興味のあるものを書き連ねていきます。

食べるニンニクオイルを作ってみたら健康に良いし普段の料理が美味くなった。

テレビで高血圧に効くとかでやっていて、それを母がみて作ってみたら大変おいしいし使い勝手がいいので家に常備されるようになった。
ちなみに我が家は家系的に低血圧(僕は上110下60くらい)なので高血圧対策で食べてない。

テレビでは健康効果としてニンニクのアリシンに熱を加えると硫化アリルという成分になって、硫化アリルが体内に入って赤血球と結びつくと硫化水素になり、この硫化水素が血管を拡張するので血圧が下がるのだと言っていた。まあ、なんであれ健康にはいいだろうしおいしいので使っている。

細かく作り方は調べれば出てくるが我が家では雑に作っている。

作り方
①ニンニクを皮がついたまま袋に入れて棒でたたく

ニンニクで手間なのは皮むきだ。あとみじん切り。これがくっそめんどくさい。棒でたたくと簡単に皮がむける。たたけば少しつぶれて包丁で刻みやすくなるし。棒でたたく以外にも包丁の腹でいったんつぶすと皮がむきやすくなる。

②ニンニクを雑に刻む。

みじん切りほど細かくなくても大丈夫。雑にやれば大丈夫。この辺りは好みだな。
最近はみじん切り器みたいな便利な道具もあるのでそれを使うのもいいかも。まな板や手が汚れないし臭いもつかない。

③フライパンにニンニクをいれて、ニンニクが浸るくらいにオリーブオイルを入れる。

計量はめんどくさいのでやらない。フライパンでやるのは火の通りが早く、時間が短縮できるからだ。
大体ニンニクとオイルの比率が1:2くらいだろうか。このあたりは雑だが雑にやっても特に問題はない。ちょい多めでも大丈夫。

④熱がニンニクにとおるまで加熱。大体2~4分くらい。

きつね色になるまでやる必要はない。全体に火が通って数分したら火を止めてあとは余熱で熱を通せばいい。
雑なので時間も測らないが何回かやってると感じがつかめてくる。
フライパンでやってると火の通りが早いので最初中火で油に熱がいきわたったら泡がちょろちょろでてくるのでそのタイミング

で弱火にするとよい。

⑤冷めたら容器に入れる。

冬場なら常温でも1~2週間はもつ。まあ基本は冷蔵庫に入れた方がいいのだろうが。
もっともおいしさに夢中になるといろんなものにかけ出すので1週間でなくなる。

作ってみるとすごい便利。インスタントラーメン、餃子、刺身、納豆、カレー、コンビニ弁当、野菜炒めなど。あらゆる料理と相性がよい。料理に入れてみて食べると、パンチの利いた味になってすごくおいしくなる。オリーブオイルとニンニクだけで塩を入れなくても味がキリっと引き締まる感じがする。ニンニクとオイルでコクが出る感じ。減塩にもいいのではないか。


最近は待っているのはアボカドにぶっかけて食べる。本当に相性が良くておいしい。
塩を入れてサラダのドレッシングとかに使える。
まあ、問題はニンニクのニオイか・・・僕は特に気にならないが敏感な人は気になるかも。